Page Top

カナダでは人から豚に新型インフルエンザ(H1N1)がうつって豚さん大変

May 04, 2009

初めこの話を聞いた時は耳を疑いました。豚から人に感染したのではなく、人から豚に(!)新型インフルエンザが感染してしまって、豚さん調子が悪いようです・・。(でも、シリアスな内容ではあるのですが、冗談みたいでちょっと口がぼにゃらけてしまった・・。)

アルバータの養豚業者さんは大変のようです。ただでさえ、このSwine Fluという名前で豚関連品を避ける消費者がいるので、たとえ、Swine Fluという名であっても豚には関係ないインフルエンザなのだと、汚名を晴らしている最中だったのに、まさか人から豚さんに新型インフルがうつるとは・・、と言うことでダブルパンチのようです。どちらに向いたところで、豚さんは健康でも不健康でも、生き延びる道が無いので慈悲の思いですが。。

しっかり加熱したお肉を食べることではインフルはうつらないようですが、去年はカナダのメイプルリーフの商品にリステリアが発生した件もありましたし、直接は関係ないかもしれませんが、私は去年、出来るだけ肉を食べない食生活に意識を少しずつ変えていったのは良かったかな~と思っています。

続きを読む "カナダでは人から豚に新型インフルエンザ(H1N1)がうつって豚さん大変" »

Movable Type(MT)用テンプレートサイトComunica Templatesをオープンしました

May 02, 2009

ビジネスに活用できるシンプルなデザインで、ユーザビリティ・アクセシビリティに配慮した、使いやすいMovable Type(MT)用テンプレートです。これからも様々なデザインのテンプレートを増やしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

Movable Type用テンプレートcomunica_templates.png

Adobeセミナーに行ってきました

April 28, 2009

先週火曜日にバンクーバーのH.R.マクミラン・スペースセンターでAdobeのセミナーがあったので夫と一緒に行ってきました。午前はWeb関連のお話で、午後はプリント関連のお話でした。丸一日、みっちりで、じっと座っているのは私にはかなり苦痛なのですが(と言っても、家の中でコンピュータの前に居るのは苦ではないのですが・・)、Adobe CS4の機能について沢山知ることが出来ました。夫はCS4を既に使っているので、かねがね便利になったことは知っていましたが(特にブリッジなど)、私はまだCS2を使っており、Adobeの方々に言わせれば、私のようなやり方は90年代のやり方のようです。。21世紀のやり方はこうだ!みたいな感じで、楽しませてもらいました。私はこのたった数年ですっかり浦島太郎になっていた模様です。

会場に行って驚いたのは、何もAdobeの新技術だけでなく、そこに来ていた人々の世代でした。結構年齢層が高いのですね。私はてっきり20歳~30歳代の人々が多いのかと思っていましたが、40歳~70歳(80歳くらいと思えるような人も・・)くらいの人が多く、こっちの方が驚いてしまいました。そして、そういう方々が詳しいことを質問していたりして、面白い世界だな~と思いました。特に、バンクーバーという土地的なものもあるのかもしれませんが、午前中のウェブ関連よりも、午後のプリントの方が人が多かったです。

この日は天気も最高で、桜も沢山咲いており、マグノリアがとても綺麗でした。

adobeseminar_01.jpg

adobeseminar_02.jpg

adobeseminar_03.jpg

adobeseminar_04.jpg

adobeseminar_05.jpg

adobeseminar_06.jpg

Swine Flu 対策とグーグルマップ

April 28, 2009

季節外れのインフルエンザ、しかも何故か豚インフル(Swine Flu)という不思議なフルーがメキシコで猛威を振るっています。BC州でも、メキシコのカンクン帰りの若い二人が感染していたようで、でも症状は軽く回復しているようです。しかし、また新たにメキシコのカンクン帰りのバンクーバーアイランドに住む女性が3件目の感染として今日報道されています。

ラジオで聞くのは、とにかく手洗いを慣行し、うがい、咳やくしゃみをするときは手で口をカバーすること、フルーの症状が見られたら外出をしないことを言っています。今のところ、まだ3件目なのでまだ良い方ですが、この時期メキシコのカンクンに行っている人は結構いると思うので、その人達がまた帰って来る度に新たな感染者が発表されるのかなと思います。

私が出来ることは、とにかく手洗い、うがいを慣行、出来るだけ外出は避ける。マスクも念のため購入しました。それとやはり、日ごろの体力を維持し、免疫力を強化しておくことかなと思います。歯磨き&フロスもインフルエンザに感染するのを防ぐ効果があるようです。あと、私がしているのが、咳やくしゃみをしている人を見かけたら、そこで息を止めて、人が居ないところの空気をおもいきり吸う方法です。(笑)インフルエンザは空気感染が多いので、これは結構気をつけていると効きます。なんでも、咳は時速150kmで飛び散っていくらしいです※。

※「私の風邪・インフルエンザ対策」さんのところで、とても詳しいインフルエンザ対策が述べられているので、大変参考になります。

私は今年の初めに1週間ほど酷いインフルエンザらしきものを患って、数日声まで出なくなってしまったのですが、医者にも行かず、引き篭もって、自宅で栄養のあるものを食べ、ビタミンを沢山とり、タイレノールを飲んで、寝て、やっと回復しました。インフルエンザか何か分かりませんが、あの独特の喉のイガイガと耳の中の痒みが始まったら”これは!”と思って用心です。とにかくウィルスを吸い込まない、飲み込まない、これに限ります。

しかし、私は今はまだ花粉症の影響か、鼻炎の症状が続いていて夜寝ている時が結構辛いです。喉の奥が痒かったりして眠れず、朝方は鼻の詰まりで目が覚めてしまったり。日中はくしゃみが止まりません。今24時間効く、眠くならないクラリティンを飲んでいるのですが、効いている時もあり、効いていない時もあるような感じです。こういう時は、鼻の免膜が弱っているので、ますますインフルエンザには気をつけないといけません。

グーグルマップでわかりやすくSwine Fluを追跡しているものがありました。

続きを読む "Swine Flu 対策とグーグルマップ" »

原子力発電はクリーンエナジーでないのに何故故次世代エネルギーProfessor?

April 14, 2009

この間、ラジオで次世代エネルギーのことが話されていました。いつもBGMとして聞いているので、注意を傾けていないのですが、幾人かの人がゲストとして話していて、それぞれ次世代エネルギーは何が良いと思うかを話していました。

その中で、とあるProfessorの番になり、彼は世界のデータを挙げながら、CO2を出さない原発が次世代エネルギーにふさわしい、などと話していました。このProfessorによると、世界中で原発を次世代エネルギーとして活発に運用しようという流れがあって、日本では沢山の原発が運用されている、20年前にバンクーバーでも原発の動きがあったが、あの時は取り止められたのは、間違いだった、と言うのです。そして、今の原発は設計がしっかりしていて~という常々聞くようなことを話していました。

話を聞きながら、設計をしっかりしても、地球は動くし(地震・・・バンクーバー&シアトルエリアはカスケード沈み込み帯があるので大きな地震が起こる可能性大)、人がメンテをしなくちゃならない、プラス、永久に汚染ゴミを排出し続けるのになんで?と思いました。そして、何ゆえこういう話をするProfessorが居るのかと驚きました。バンクーバーの人々は20年前、大変正しい決断をしたのだな、と思います。

数字のデータだけで見たら確かに日本の原発のプラント数は増えていて数字だけを見ると凄いのですが、でも、その裏で色んな問題が起きていることをProfessorは知らないのだと思いました。そして、表面的なことだけで、実情を知らないのに、CO2を出さないからという理由で、次世代エネルギーとして推薦するなんて、如何なものかと思いました。

そして主な問題は、このCO2=温暖化という図式が、いとも当然かのようにメディアで取り沙汰されていることにあるのだと思います。これがあるので、CO2削減=温暖化に効力がある、というECHO・ブランディングが出来てあがってしまったのかと。もちろん、エコは必要ですが、そのエコとこのエコはちょっと違う・・という・・。

実際のところ、CO2以外で温暖化に主に影響しているものが多数あり、その中でも太陽活動は私達の生活に大変大きく影響してきます。最近では地球の磁気シールドに破れが生じており、太陽嵐の影響が懸念されています。なので、ただ単純にCO2をメインターゲットのように温暖化の問題とするのは、間違いの元になると思うのです。

自然の摂理から環境を考える」さんのところで、「気温変動と太陽活動」という記事があり、とても参考になります。そこから少し引用させていただくと:

つまり、宇宙線が増加し雲が増えれば、太陽光を反射しやすくなり地球は暖まりにくくなります。逆に、宇宙線が減少し雲も減少すれば、地球は暖まりやすくなり、温暖化が進行するということです。

そもそも、この宇宙線も太陽活動、太陽風の影響を受けており、太陽風が強ければ(=太陽活動が活発になれば)、宇宙線は弱くなることが知られています。

従って、地球温暖化を考える上では、人為的な二酸化炭素の量だけではなく、もっと大きな視点に立って太陽活動にも目や、ミランコビッチサイクル(参考:『二酸化炭素による温暖化って本当?第4回 ~地球は数万年サイクルで温暖化・寒冷化する~』)にも向ける必要があるように感じます。

しかし、現実は「温暖化の原因=二酸化炭素」ばかりが取り沙汰されており、これには意図的(政治的)な側面を強く感じざる得ません。
※一般的には「温暖化の原因=二酸化炭素」という等式は崩れつつあると感じていますが、この等式を唱えている者たちは真に温暖化を解決する気が無く、単に己の私欲、利益を追求するための手段としてしか使っていないのではないでしょうか?

私が今回ラジオで聞いた、Professor以外には、太陽エネルギーや風力エネルギーを話している人も居て安心しましたが、それにしても、このProfessor、以前は違う路線だったのに何故原発なんだ?と電話をしてきた一般の人が言っていましたが、ここにきて、原発路線を行き始めたのは何故なんでしょうね。まさか、本当に設計がしっかりしていれば、問題が起きないと考えているからなのでしょうか?いやはや、耳がダンボになるお話でした。