Page Top

クリスマス・イブの夕食ーポーランド編

December 29, 2013

20131224_eve_dinner_01.jpg

ポーランド国では、クリスマスイブにはお肉を食べず、お魚(キリストは中東の猟師だったーキリスト教のシンボルにはお魚さんが使われています。また、キリスト教は魚座の時代のシンボルでもあります。)を食べる伝統があるそうです。その伝統によると、12種類の料理を用意するのだそうで、まず必ず食するのが、バルシチスープと言う、レッドビーツ(Red Beets Roots=甜菜)を湯がいたその赤味のスープにブリヨンなどで少々味付けしたものに、ウシュカ(uszka)という小さく折りたたんだピロギ(中身には、特別な風味を持ったマッシュルームを塩コショウで炒めたものを入れる)を入れたスープがあります。他にもジューレックなどと言う発酵した豆の粉?のスープなど、色んなタイプのスープがあります。

話は変わりますが、ちなみに発酵した豆で日本人は味噌を作り、醤油ができましたね。ポーランドは発酵した豆でスープを作りました。ポーランドと日本ってなんとなく似てる感じがするのですよね。伝統を守るところとか、美味しい食文化があるところとか、国がソフトな女性的な雰囲気とか、かわいい小物が沢山あったり、自然を大切にするところだったり。あと、福岡はモツ鍋ですが、ポーランドにも内臓物を使ったスープがあります。ポーランドには、他のヨーロッパの国には無いものがあるように感じています。それは、日本のような郷愁だったり、伝統だったり、文化だったり。それは、日本人なら日本人として一致団結する所だったり、ポーランド人は世界に多く住んでいますが、その一致団結力も似たものを感じます。日本人は迫害される事無く島国で大和民として一致団結しますが、ポーランドは東から西から危害を加えられ、国も無くし、また、1から国を立ち上げた事から、言葉と言うものをとても大切にしているようです。日本語にもそれは言えるように思えます。また、建造物などは勿論ヨーロッパで違いますが、でも、ヨーロッパの教会と言うと石ですが、ポーランドには木造の教会があるのです。世界遺産になっています。(ポーランドの7つの国境の1つ、ウクライナとの国境にも木造の教会があるようです。ヨーロッパの国々は歴史の中で国境が行ったり来たりしているので、日本と違って大変ですね。と言っても、今は日本も注意していないと侮れませんが。。)

昨年作ったウシュカ(↓)。今年は作りませんでした。
20131224_eve_uszka.jpg

そして、白身魚をジェリー風にしたものや、日本で言うところのしめ鯖のような、オリーブオイルとピクルスでマリネート酢漬けにしたHerring(ニシン)、そして、Fish a la Greekと言う、白身魚を人参とセロリルートやベイリーフ(ローリエ)等でトマトソース煮にしたもの、言わずと知れたピロギ、ワザンキと言う、キャベツをニンニクやマッシュルームブリヨンとベイリーフ(ローリエ)で少なめの水煮た中に、玉葱とマッシュルームを炒めたものを入れ、その中に湯がいた四角いパスタを入れて10分くらい一緒に煮たもの、コールスローのような野菜サラダ、ジャガイモをボイルしたもの、トマトサラダ、乾燥果物を使ったコンポート、マコビエッツ(Makowiec)というケシの実入りのロールケーキ、そして、私の大好きなローズジャムが入ったKolackyクッキー等があります。

Fish a la Greekとワザンキ、ポテトとマッシュルームソース、トマトサラダとインゲン豆。
20131224_eve_dinner_02.jpg

私はそんな12種類の料理は用意できないので、今年は、去年ポーランド人女性に材料を教えてもらった「Fish a la Greek」を初めて作ってみました。ポーランド人によると、ア・ラ・グリークと言われているが、ギリシャの食べ物とは何の関わりもないのだそうです。

作り方は至って簡単で、材料は、私が今回作った分量でだと、玉葱1つ、人参(大きめ)3本、セロリ3本(本当はセロリルートを1個)、パースニップ(parsnip)というシロニンジンを1本(本当はパセリルートを1本だったのを間違えてパースニップを1本買ってしまいましたが、パースニップでも美味しかったです)、トマトペースト缶、そして、白身魚、私はBasa Filletを使いました(Basa Fishは主にベトナムやカンボジアなどの東南アジア海域で獲れるお魚だそうです。ちなみに私が良く購入するのは、ベトナム産のバサフィレで、近くのペルシアストアで購入しています。と言うのも、近所のカナディアンスーパーで売られているバサフィレは、お値段がペルシアストアの倍以上するのに、あまり新鮮でないのか、包装が良くないのか、いつもカビの味がするのですよね・・。なので、バサってこういう味の魚なんだと思っていたら、違っていました。本当は美味しいタラのようなお味のお魚さんでした。)、そして、ベイリーフ(ローリエの葉)とパセリ。

詳しい作り方はこちらのビデオを参考にさせていただきました(↓)。

私はパセリルートを間違えてパースニップ(シロニンジン)を入れてしまいましたが、パースニップ(シロニンジン)を炒めると不思議なアロマがあり、とても美味しく出来上がりました。パースニップ(シロニンジン)バージョンでも良さそうです。普段、バサフィレはパン粉を付けて焼いて、玉葱のタルタルソースで食べるか、アルミホイル焼きのようにして食べるかしか思い浮かばなかったのですが、これからは、Fish a la Greekにして食べられるので、献立メニューが増えて良かったです。

20131224_eve_dinner_03.jpg

あと、クリスマスに何かデザートを、と言う事で、苺のロールケーキを作りました。相変わらず生クリームを入れすぎてしまうためか、横長のずんどうなロールケーキで見栄えは全く良くないですが、苺の甘酸っぱさが美味しいロールケーキになりました。私はチョコレートが食べられないので、苺を支えるのに、今自分の中で一番お気に入りの、Mazafati Dates(イラン産のナツメヤシの実ーたぶんMazafati Datesの椰子の実はイラン地域でしか採れない)を使ってみました。

このMazafati Dates(イラン産のナツメヤシの実)ですが、とても美味しいのです。ペルシアストアで、いつものように普通の乾燥デーツを買っていたところ、同じくデーツを見ていた中東のおじさんが、このデーツは美味しいよ、と言葉少なめに言ってお勧めしてくれたのが、Mazafati Datesでした。中身を見てみると、かなり完熟しており、半ば潰れている感じです。実の見てくれだけを見たら私は絶対買わなかったと思いますが、おじさんが美味しいよ、とお勧めしてくれたので、現地の人がそう言うのだから、きっと美味しいのだろう!と2パッケージ(650グラムx2)も買ってしまいました。

帰って早速食べてみると、良く完熟した実で、実の蜜?が砂糖化しており、味は少しバニラのような感じで、干し柿のような食感??という感じです(乾燥ナツメヤシの実は、どの種類も干し柿のような食感が味わえます)。良く言い表せないのですが、とてもまろやかなお味で美味しいです。私は毎朝これをオートミール粥に入れて食べています。食物繊維やミネラルが豊富でとても健康に良いです。勿論、食べ過ぎは良くないと思いますが。あのおじさんが教えてくれなかったら、絶対一生食べる事は無かったと思うMazafati Dates。おじさん、どこのどなたか存じませんが、こんなに美味しいMazafati Datesを教えてくれてありがとう!と感謝の気持ちで一杯です。

2度目の雪 in 2013

December 20, 2013

今年2度目の雪です。前回の雪はすっかり融けてしまい、今年はクリスマス気分も薄れがちだったのですが、今回は結構降っています。でも、明日は曇り、その後はずっと雨でクリスマスも雨なので、今年はホワイトクリスマスにはお目見えできなさそうです。

20131220_2nd_snow.jpg

かぶが美味しい季節、乳酸菌への餌やり

December 20, 2013

最近良く行くペルシアストアで、ローカルの新鮮で美味しそうなかぶ(Turnip)が売られているので、良く買ってきては食べています。やはり新鮮だからか直ぐに火が通り、とても柔らかくなって美味しいです。この日は、キャベツとかぶと人参とインゲン豆を一緒に、塩と少しのベジタブルブリヨンでグツグツ弱火で煮てみました。人参、キャベツの甘みが出てきて、おつゆがとっても甘い!砂糖やレーズンなどの甘味は全く入れていなかったので、驚きの甘さでした。

20131217_dinner_turnip.jpg

ちなみにこれは、腸の中の善玉菌である乳酸菌への餌やりご飯です。善玉菌は、オリゴ糖や食物繊維を餌としてその数を増やし生活しています。私は腸内の善玉菌(乳酸菌など)が少なくなると、アレルギー反応が起きやすくなり、蕁麻疹が出やすくなってしまうので、善玉菌(乳酸菌)に増えてもらうためにその餌やりをしなくてはなりません。そういう訳で、オリゴ糖を多く含むキャベツ、水溶性食物繊維を多く含む人参とインゲン豆を一緒に煮た、という具合です。

腸は第二の脳と言われるほど、私達の心や身体の健康を司ってくれています。腸内には人間の免疫機能の約6割を担う免疫細胞があり、腸内環境がいつも善玉菌優勢な好環境であると、免疫増強作用、発ガン抑制作用、コレステロール抑制作用などがあると発表されているそうです。

また、楽しい、幸せなどのポジティブな感情を感じさせてくれる神経伝達物質であるセロトニンの95%は、実は腸内で作られているそうです(以前はセロトニンは脳内だけに存在しているものだと思われていたようです。)1980年代、アメリカのコロンビア大学医学部の解剖細胞生物学教授マイケル・D・ガーション博士が発表した「腸は第2の脳である」という学説で世間一般に知れ渡るようになったようです。

日本では最近うつ病などの病気が増えているようですが(バンクーバーでも冬場の雨季により季節性鬱などがあるようです)、そういう時は、まず腸内環境の改善(善玉菌を増やす)から始めると良いのかも知れません。

腸内の善玉菌は、年齢を重ねるにつれ自然と少なくなっていくので、心と身体の健康維持の為、意識して摂取していきたいものですね。

Google Chrome 重い遅い+画像が表示されない

December 20, 2013

かなり久しぶりにGoogle Chromeを使ってみました。Google Chromeって昔はとても軽くて快速な印象があったのですが、今はなんだか重い??あれ?こんなだったっけ???とちょっと狐につままれた気分になりました。

その他にも画像が表示されない不具合があったりと、変な感じです(FirefoxやIE、果てはiPadやiPod Touchなどでの表示は大丈夫でした)。
20131220_google_chrome.gif

バージョンもチェックしてみましたが、最新版になっていました。滅多に使わないとは言え、キャッシュでも溜まっているのだろうかとキャッシュや履歴のクリアをしてみましたが、何も変化はありません。

Googleサーチをしてみたところ、やはり同じように重い、画像が表示されない、などの不具合を感じている人は結構居るようです。なんでも最近のChromeは、最新の機能を沢山組み入れているので、昔のような軽快なブラウザではなくなっているようです。たまにしか使わないとは言え、少し残念。過去にメインとして使うようにしなくて良かったかもしれません。。

小津安二郎 生誕110周年

December 11, 2013

今日は(日本時間で12月12日)小津安二郎監督の誕生日ですね。Googleのロゴで知りました。数年前になぜかポーランドで小津安二郎監督の映画が話題になっていた事があり、夫が映画を見たいと言うことで、白黒のとても古い映画でしたが「東京物語」を、そしてカラーの「秋日和」、「彼岸花」を見た事があります。

古き良き時代の日本の生活様式や家族や仕事仲間との人間模様、そして、その時代の日本の経済事情や時代背景をもの凄く良く垣間見る事が出来、とても良い映画です。小説のような映画で、主に日々の生活を通じて織り成される人間模様のストーリーが淡々と繰り広げられます。

少し昔の日本人の生活ってこんなだったのか、とか、経済においては今も昔も言っていることは似たようなものなのね、とか、言葉遣いがしっかりしていて綺麗だなとか、また、戦後の経済復興期だからか、ほのぼのとした明るい雰囲気が漂っていて良いななどと感じられます。でも、時代背景は違えど、人間の本質のようなものは今も昔も変わらないのだなあ、と言うのが見えてくる映画に思えました。原節子さんの美しさに惚れ惚れし、笠智衆さんのほのぼのとした役柄に心和まされます。