Page Top

アラビアジャスミン(マツリカ)の挿し木に成功したもよう

September 05, 2011

うちには2002年度くらいに購入したアラビアジャスミン(マツリカ)(花の香りは、甘い柑橘性の香りで、とても良い香りです)があり、その頃、ジャスミンは蔦性の植物であることを知らず、ぐんぐん大きくなるに任せて、鉢を大きくし、支えの棒も作ったのが幸いして(?)、今では私の背丈ほどにもなり、時々ヘアーカットなどと称して盆栽のように枝を剪定していたのですが、今年、その切った枝が勿体無いな~と思い、挿し木にして増やす事を思いつきました。

それで、ネット上でアラビアジャスミン(和名:茉莉花)の挿し木で、ジャスミンを増やす方法を調べたところ、ただ、そのままカットした枝を土が入った鉢に挿し木にしていれば良いってものではないのですね。。切った枝は、始め水に浸しておいて、半日ほど水を吸収させ、取り出したら、切り口にルートン(発根促進剤)?なるものを付けて、バーミキュライトや赤玉土を入れた鉢に挿すのだそうです。

ここで私は、ルートンやらバーミキュライトなどの単語を初めて知りました。うむ~~。そこまで準備したくはないし、、まぁ、ダメもとで、今ある小さい鉢と土を使って、そのまま土に挿してしまいましょうということになりました。この時夫は、そんな方法では絶対挿し木は無理だと言っていました。むむむー。

挿し木中のジャスミン。挿し木を開始したのは、6月の末頃。
arabian_jasmine_01.jpg

うちは北向きの山景色なので、夏は午前と午後に日が入り、なので、滅多にあたることができない太陽の日差しにいつもあたれるように、陽が差し込む角度に従って、いつもジャスミンを移動させていました。
arabian_jasmine_02.jpg

始めは、でも、ちょっと、このままではやはり、あまりにジャスミンに負担が大きいかもしれない、と、思い、ジャスミンにビニール袋をかぶせて、温かくしてあげていましたが、これでは栄養分となる光のあたり具合が少ないかもしれない?と思い、ビニール袋を取って、光がもっと葉っぱにあたるようにしました。まぁ、ダメもとでの挿し木なので、今回は試し挿し木というくらいの心構えでした。

ところが、1ヶ月ほどした後、枝が少しずつ、にょきにょきーと出てきました。おや?これはもしかすると、新しい枝?ひょっとして挿し木に成功?でも、まだ他の鉢のジャスミンはそのままだし、ということで、もう少し様子を見てみることにしました。この時、あげるお水には栄養分を少しだけ入れてあげていました。水遣りは、土の状態がいつも適度に湿った感じになるようにしていました。すると、8月には、他のジャスミンの鉢からも、にょきにょきーと新しい枝が伸びてきました。

花をつけたアラビアンジャスミン(マツリカ)。
arabian_jasmine_03.jpg

挿し木に成功?
arabian_jasmine_04.jpg

ということで、私のように、非常に単純かつ簡単な方法でも、アラビアンジャスミン(マツリカ)の挿し木は成功することがわかりました。いくつかのアラビアンジャスミンの鉢の底からは、根っこがいくつかボーボー出てきています。

こういうのは、ちょっとした機会に、人にプレゼントとして渡すのにも良いですね。あと、付いた花は、それをそのまま白湯に浮かせてジャスミンティーにしても飲めます。1つ入れるだけで、とても良い香りのジャスミンティーになります。2カップ目、3カップ目の白湯に入れても、その香りは持続するので、1日中フレッシュなジャスミンティーを楽しむことができます。おすすめです!

続きを読む "アラビアジャスミン(マツリカ)の挿し木に成功したもよう" »

自然と戯れる at Central Park in Burnaby

September 04, 2011

調度日本ではお盆の時節に、バーナビーにあるセントラルパークへ行ってお散歩を楽しんでいました。街のど真ん中でも、ここだけは、森の中の雰囲気を味わえ、ここをパークとして残してくれた先人に感謝です。


View Larger Map

バーナビーには他にもディアーレイクやバーナビーレイクなどのパークがありますが、そのどれもがそれぞれの個性を有しており、とても素適な憩いの場所です。セントラルパークには湖はありませんが、中央には池があり、その周りは森で、いくつかのトレールがあり、それらを歩いたりランニングしたりして楽しめるようになっています。

その中で良く出会うのが、リスくんです。今回も多くのリスに出会う事ができました。中には人に慣れ過ぎているリスも居て、私達が歩いていると、どこからともなく「食べ物持ってるのぉ~?」と聞いておねだりしてくるような感じのリスくんも。

「あ、人が来た!」
squirrel_004.jpg

「食べ物くれるかな~?」
squirrel_005.jpg

「あなた方、食べ物でもお持ちで?」
squirrel_006.jpg

これは彼らの食べ物ヘーゼルナッツです。セントラルパークには沢山ヘーゼルナッツの木があります。
squirrel_007.jpg

皮をむくとこんな中身になっています。皮にはそれほど大きくない棘が沢山あって、実を取るとき指に棘が刺さる刺さる・・。ちょっと痛かったです。。後で棘をなんとなく取っておきました。と言っても、産毛のような棘なのでわかりにくかったのですが。。
squirrel_008.jpg

巨人とリスくん。「美味しい食べ物あげるよー。」「えー何何ぃ~?」
squirrel_009.jpg

「ヘーゼルナッツだよ~。美味しいよ~。」「ボク、ヘーゼルナッツより、こっちの食べやすいナッツの方がいいもんねー。」と、言わんばかりに、誰かが前に道に落としたであろうナッツを食べ始めるリスくん。
squirrel_010.jpg

次に出くわしたのが、少し小さいお腹が黄色い珍しい色のリスくん。でも、人に慣れていないのか、直ぐに隠れてしまう。でも、ヘーゼルナッツ、あげてみよう。
squirrel_011.jpg

「あ、これ、ボクの好きなヘーゼルナッツだー!ありがとー!」と言ったかはわかりませんが、そのままヘーゼルナッツを持って、森の奥へとさっと隠れて行かれました。
squirrel_012.jpg

こちらは別に出くわしたリスくん。こちらも直ぐにヘーゼルナッツを食べ始めました。なんだ、やっぱりリスくんはヘーゼルナッツが好きなんだ。最初のリスはちょっと違ったみたい。。
squirrel_013.jpg

「いただくますー。」
squirrel_014.jpg

うわ~、なんか顔が怖いんですけど~!
squirrel_015.jpg

「今、何か言いますたか?」「いぃえ~。。」
squirrel_016.jpg

という具合かどうかはわかりませんが、楽しいヘーゼルナッツとリスくん達でした。

初めて見る蝶の寝る姿

August 21, 2011

今日夕方頃に、黄色い小さな喋がうちのフラワーバスケットにゆらゆらと舞ってきました。お花の蜜でも?と思っていたのですが、止まった先はジャスミン(うちのはアラビカジャスミンで、蔦が長くなって、今では私の背丈以上もある大きなジャスミンに育っています)の葉っぱの上へ。そのうちどこかへ飛んでいくんだろうな~と思っていたのですが、動かない。しばらくは喋喋さんの邪魔にならないようにと、バルコニーには出なかったのですが、昨日と今日は久しぶりに暑く、バルコニーに出て涼みたい衝動にかられ、蝶が居た事を忘れてバルコニーに出、腕を伸ばして伸びをしたところ、先ほどの喋喋さんがまだ止まっていたようで、私の腕にびっくりしたのか、ひらひらと舞って行かれたので、私もしまった!と思い、即行部屋に入ったので、喋さんは遠くに行かずにフラワーバスケットの辺りをひらひらして、再びジャスミンの葉っぱへ舞い戻られました。

batterfly_01.jpg

今は夜の10時半ですが、未だに同じ場所に居られます。たぶん、寝ているようです。起こさないようにバルコニーに出るのも、抜き足差し足です。きっと明日の朝には飛び立たれるのでしょう。それまでゆっくりお休みくださいという感じです。

それにしてもうちのバルコニーには今年は小鳥さんまでもが休憩にやってきてびっくりしたことがあります。いきなり中型の綺麗な柄の鳥(後ほど、鳥の柄とかからその鳥はNorthern Flickerであることがわかりました)が、ジャスミンとボックスを置いている裏の少し薄暗くなっている小さな狭い隙間目掛けてスライディング?してきたのです。驚!恐る恐る見ると鳥さんの首が少しこちら側に向いていて、目が開いたまま動かないので、私はすっかりこの鳥さんは怪我をしていて、間違ってこんな所に入り込んでしまったんだ、ここで亡くなってもらっては困る~と涙目で夫にSPCAに電話してもらいました。私は、てっきり彼らが来てくれて、この鳥さんをレスキューしてくれるのかと思いきや、彼らは鳥をピックアップしに来てくれるのですが、私達で小さな箱に鳥さんを入れておいてくれとのこと・・。え”~~。私は絶対無理。かわいい鳥さんでも、ちょっと小鳥ではなく、結構大きいし・・。

ということで、夫が箱に入れることに。。でも、思ったより結構大きかったみたいで、箱に入りきらないので、もうちょっと大きな箱を持ってきて、と言われ、bigger box~ bigger box~と探していたら、急に、夫が「あっ」と言う声で、振り向くと、その鳥さんがバタバタと元気に羽ばたいて空に帰っていく光景が見えました。とても元気に!え”~元気だったの?という驚きと、箱に鳥さんを入れなくて良くなったという安堵感で、ど~っと良かったーという思いが湧き上がったのでした。その後、SPCAさんにまた電話して、さっきの鳥は大空に羽ばたいて帰っていきましたと連絡したのでした。でも、どうして、うちのバルコニー?フラワーバスケットも3つあるし、お花用に、バルコニーには透明な糸を張ってあって今年はワイルドフラワーが漂っていて(いつもはスイートピー)、鳥などはしっかり見えるようなので、こんな所に入ってきたりしないのに、しかも、あんなに狭い隙間に、なぜ・・?という疑問はそのまま・・。とても不思議な夏の日曜日の午前中の出来事でした。

今年の夏は珍客の多いバルコニーです。

100ドルチェック再び- Google AdSense

August 11, 2011

今年1月以来です。先月7月に再びGoogle社から100ドルチェックが郵送されてきました。とてもありがたいことです。でも、どんな広告の内容がクリックされたのかが、こちらではわからないのですよね。お役に立てていれば嬉しいですが。

こちらのチェックですが、まだ換金していません。先月はまだCADがかなりUSDよりも高かったので、当分様子を見ようと思っていました。今はS&Pによる米国債格下げの影響とやらで為替や株価が動いていて、原油価格がどど~っと下がったので、今はドルと近似値になってきました(カナダドルは資源通貨の1つなので、オイルの価格や隣国米国の影響をよく受けます・・。)それにしても金の価格がすごいことになっています。うなぎのぼりとはこのことでしょうか?もうすぐ1800ドル/ounce に届きそうです。たった3年前は800ドルとかだったので、2倍以上の価格になっています。どうなりますことやら?

2倍といえば、バンクーバーの不動産もそうです。時期にもよりますが、20年、30年前の購入価格からすると、今や、場所によりけりですが、2倍、3倍の価格です。バンクーバー市自体の一軒家の平均の家の価格が今となっては1ミリオンだそうです。信じられませんよね?たった10年前までは、ほんとに田舎というか暮らしやすいと言われていたバンクーバーだったのですが(と言っても、日本の地方都市から来た私にしてみれば、当時から物価は結構高いと思っていました)、この10年でダウンタウンはハイライズばかりになってしまい、背景の山々も手前のコンクリートの山々で互角という感じです。コールハーバーの辺りなどは、ヨットハーバーもあるのと、背景の山々が見渡せるので、高級コンドばかりが連なっています、が、高級コンド、のはずなのですが、なぜか、お金持ち中国人のおじちゃんやおばちゃん達はナイキTシャツとシューズで、空き瓶や空き缶拾いをして、それを換金しているそうで、高級コンドから見渡すストリートに、お金持ち中国人のおじさんやおばさんがゴミ箱を漁っている情景が見えてしまう不思議があるようです。

そんなバンクーバーですが、街を車で走ると大して変わっていない感じがするのですが、価格という数字だけは確実にこの10年で変わってしまったようです。主には中国マネーによる投資でここまで価格がつり上げられているようです。ここ数年は、住む目的ではなく、投資目的だけで物件を購入し、数ヶ月したらまた売りに出す、という売り買いが進んでいたり、昔ながらの家(昔の1つの家の土地がこちらはものすごく大きい)数件を隣近所同士で売り出し、それをディベロッパーがまとめて購入し、新しいタウンハウスなどを作って売り出す、ということなども起こっているようです。近所にも、ディベロッパーが昔の一軒家を潰して、(土地が広いので)そこに2つの家を建てています。

バンクーバーの土地が高くなったので、その分固定資産税も高くなったので、昔からバンクーバー市に住んでいた今となっては老齢の方々は、固定資産税が支払えなくなり、住み慣れた家と土地を売却し、郊外に移るおじいさんやおばあさん方が結構いるようです。とは言え、30年ほど昔に購入していたであろう家は、今では3倍ほどの価格になっているので、中国からの投資によって、無くされたものもあれば、得たものもあるということなのでしょうか?1 coin has 2 sides.ですから、個人の価値観により見方は当然変わってくるのでしょう。

これからの経済の流れによってバンクーバーの不動産市場も変化をしていくのでしょうが、どちらへ?というのが、誰もわからないところで、まだまだ上がるという人も居れば、上がれば下がるのが常で調整されるという人も居て、2分されているようです。夫がスイミングプールで顔なじみになったジムさんという方は、今がうなぎのぼりの頂点あたりで、これから下がるだろう、と判断を下し、家を売って郊外のアパートに移ったのでした。ということで、そこのスイミングもその日で最後のお別れだったそう。とは言え、別の人は3年くらい前に、ジムさんと同じ事を言っていて、売り出した後、再び不動産が上がり始めてしまい今に至る経緯があって。でも、このまま上がり続けるようにも思えないので、私もジムさん派かな~?という感じですが、さて、ゴールドに加え、こちらもどうなることやら?

と、蚊帳の外の人間(私)は、自分の心配をした方が良いようです。

インターネット開通

August 11, 2011

一昨日やっとインターネットが開通しました(良かった!新しいモデムで少し速くなった感じです)。結局月曜日になっても火曜日になっても全く配達される気配がなかったので(実際のところ未だに配達の分は来ていない・・一体どうなって・・)、またサポートセンターに連絡して、結局配達ではなく、近くのブランチでピックアップできるようにアレンジしてもらって、そこで昔のモデムと新しいものを交換してもらいました。始めから近所で交換できるようにしてくれれば良いのに、なぜわざわざカルガリーから運ぶ手配をしているのか意味が分かりません。

この会社は大手電話会社で、日本で言えばNTTみたいな感じですが、昔からカスタマーサポートの評判が良くなく、しかし、もう一つのケーブル会社のプラン(ほぼ同じネットの速さ)よりも半額ほども違うプランがあるので、それで長年利用してきたケーブル会社のプランを止めて電話会社の方に移ったのですが、始めはテクニカルサポートなんかに電話してもみなさん忍耐強く教えてくれるので、良いのかと思っていましたが、こういう落とし穴があるとは知りませんでした、とは実際のところ言えないのですが・・、自分が体験するとなると、なるほど、こういうので皆結局ケーブル会社の方に移るのか、と思いました。事実、ケーブル会社サイドはテクニカルサポートもしっかりしていて、こういうモデムの交換もすぐに対応してくれていたので、ケーブル会社サイドの人も自社に自信を持っているので、結局他者にカスタマーが移っても、みんなケーブル会社のところに戻ってくるのよね、というのを知っているようです。事実そうなのかもしれません。さすがにモデムの交換だけに10日間も待てませんからね。。

このネット不通状態の時に、母親が大分県の国東産、今年の春に採れた椎茸の乾燥椎茸と昆布と叔母さんが手作りしている梅干を大量に送ってきてくれました。(去年帰ったときも手作り梅干と直売している乾燥椎茸を貰って帰って、その乾燥椎茸がと~っても美味しかったので、どこで買ったのか聞いたら、農家の人から直接買ってるそうで、そこのがとても美味しいと言ったら、じゃぁ次の収穫の時に送ってくれると言っていたのでした。)お礼の電話をしようと、パブリックライブラリのホールでスカイプに繋げて電話してみましたが、相手の声が聞こえないので、電話できませんでした。でも、今はもう開通したので、早速スカイプで電話して、また長電話してしまいました。そんなに話すのであればスカイプの月額プラン(日本へは$6.99/month)にした方が安いのかもしれないと思いつつ、どうしようかなぁと考え中です。

最近は涼しくなり、なんとなく、もう秋の訪れを感じる昨今です。