Page Top

癒しの牛さんーJazz for Cows

December 01, 2011

なんとも喉かな微笑ましい光景です。牛さんのカランコロンという鈴の音がとても良い感じです。牛さんJazzに聞き入るの巻。

光に向かって

November 27, 2011

ここのところずっと(もうかれこれ開発に1年ほど経ちました)、新しい構造のテーマ・テンプレートを開発しているのですが、先に光は見えるのですが、なかなか終わりが見えません!あともう少しなのですが。作成→改善、新しいアイデアの繰り返しでメビウスの輪に乗っかってているような自分を自分で激励しながら頑張っている状況です。光は見えるのですが。くぅぅ~~~っ!という感じで。(意味不明・・。)未来に使ってくださる方々の為にがんばらなければいけません。Nothing would be so easy. Do my best!

これは新葉? - 胡蝶蘭さん

November 23, 2011

水苔を替えてからの胡蝶蘭さんは、毎日私のデスクの上で、夜はデスクランプに照らされて白熱球の熱で暖かい冬を送っているようです。水やりも水苔が徹底的に乾いてからあげるようにしているので、今のところ根の状態は大丈夫のようで、葉っぱもちょっと茶色に焦げている部分もあるのですが、痛みが広がっていないし、葉が黄色くしぼんでいないので、今のところは大丈夫のようです。

そんな胡蝶蘭さんですが、最近もしかしたらこれは新葉なのでは?と思える謎のものが葉の中心部にあるのを見つけました。

20111123orchid_01.jpg

これは、上の写真をズームしたものです。中心部に葉っぱの赤ちゃんのようなものが見えるような気が。

20111123orchid_02.jpg

もしも新しい葉っぱだったら、この胡蝶蘭さんは成長しているということになるので、とても嬉しいです。なんでも、胡蝶蘭さんの大きな厚手の葉には栄養分と水分が蓄えられていて、花茎をつけて花を咲かせる栄養素になる為、葉の枚数が多いほうが次の開花時期に向けて花をつけやすいのだそうです。ランプの明かりで暖かいから成長を始めたのかもしれません。

続きを読む "これは新葉? - 胡蝶蘭さん" »

MTのコメント欄で、匿名でも書き込みできるフォームが出てこないと思ったらー自分用覚書

November 20, 2011

ふと、コメント欄に匿名でも書き込めるコメントフォームが出てこれていたけれど、どうして「認証方式」で「認証なしユーザーまたは匿名ユーザーからコメントを受け付ける」にチェックを入れても出て来れなくなってしまったのだろう・・と思い、エクスポートしたテーマを、違うテストサーバにアップロードし、新しいテーマとして適用、「認証方式」で「認証なしユーザーまたは匿名ユーザーからコメントを受け付ける」にチェックを入れてサイトを全て再構築したところ、匿名でも書き込めるフォームが無事に出てきました。

ん~?ということは、テンプレートは大丈夫で、では一体何が違うのだろう?と不思議に思っていると、ふと閃いたのが、「再構築」の仕方でした。匿名用フォームが出てきた方の再構築方法は、「全てのファイル」を再構築しました。匿名フォームが出てこなかった方の再構築方法は、「ウェブページアーカイブのみ」だけを再構築していたのでした。そして、これが、変更した認証方式にて、匿名フォームが出てくるか、出てこないかの違いだったのでしたー。気付けて良かった!

胡蝶蘭さん

November 12, 2011

7月に胡蝶蘭さんをとある方から頂き、胡蝶蘭なんてどうやって育てたら良いかもわからず、ただ、高級そうな花、可憐そう、繊細で育てるのが大変そう、というイメージがあったのですが、調べてみると、着生植物で、結構力強い植物だということがわかりました。お水は与えすぎてもダメですが、多少お水を上げていなくても耐え凌いで生命力を維持するようです。

それと、日本では高額で取引されている素晴らしい贈呈用の胡蝶蘭ですが、こちらでは、普通に楽しめる花茎が1つの胡蝶蘭が30ドルほどで購入でき、また、IKEAなどでは17ドルくらいでも買えるみたいです。

なんだ~結構力強い生き物なんだな、というのがわかってからというもの、夏の間は直射日光の当たらないバルコニーに出していたのですが、びくともせず、とても元気に過ごしていました。花も3ヶ月くらい楽しませて頂きました。

2011orchid_01.jpg

ですが、やはり10月頃にもなると、外は木枯らしが吹く時節に突入というか、紅葉が始まる季節になったので、結構気温も下がり、日中でも12度とか13度近く、夜は7度とかそんな感じだったので、室内に入れることにしました。

が、いきなり乾燥気味の室内に入れたためか、はたまた夏の間にあげたお水が多すぎていたのか?よくわかりませんが、上から2枚目の葉がある日黄色くシワシワになっているのに気が付きました。

これはヤバイのでは?と感じ、即行サウスバーナビーにある大き目の園芸屋さんに夫に連れて行ってもらいました。そこで植物に詳しい方にこのオーキッドさんの症状を診てもらいアドバイスを貰いました。その場で沢山付いていた水苔を取ってもらい、そしたら、いくつか根腐れしているものが見つかったので、そういうのを綺麗に消毒したハサミで切って、新しい水苔でRe Potしてあげると良いでしょう。根に近い所には、シナモンを薄めて耳掃除の綿棒(Q-Tipと呼んでいた)で根と葉のところを塗ると良いですよ、とのことでした。

早速新しい水苔と、薦めてもらった1.5ドルの排水性の良いサイドにも穴の開いた透明なプラスチックポットを購入し、家路につきました。お店で大雑把に取ってもらった水苔を綺麗に取り除き、バケツにぬるま湯のお水を入れてジャブジャブと洗いました。そして、乾燥水苔を熱湯で戻し、ぬるま湯で洗い、新しいPotにしぼった水苔、根を綺麗にしたオーキッドを入れて、水苔をギューギューに詰めて(水苔はギューギューに詰めるのがポイントなのだとか。葉を持ち上げて、一緒にPotがついてくるくらいが調度良いのだそう。)今はまぁ、一応元気?に成長もなく、退化もなく、過ごしています。

2011orchid_02.jpg

胡蝶蘭さんはモンスーン気候の生まれなので、同じような環境にあると喜ぶらしく、なので、自分がシャワーを浴びる時はいつも一緒に連れて行って、蒸気を楽しんでもらっています。(シャワーは浴びさせていませんが、時々ぬるま湯霧吹きをしています。)

ポイントは、水を与えすぎないことのようなので、忘れた頃に~くらいで、中の水苔もカラカラに乾いてから水をたっぷりあげるのが良いようです。冬場は部屋の中は乾燥しているし、ここは気温は20度くらいはいつも保てているので良いのですが、冬の成長期ではない胡蝶蘭さんに、どのくらいのお水具合が良いのか良く分からないので、今のところは試行錯誤という感じです。また大輪のお花が咲いてくれると嬉しいなぁ~と思います。

続きを読む "胡蝶蘭さん" »