Page Top

デザインと自然と幾何学・科学と仏陀とインターネットと

May 25, 2009

デザインをしていると、自然を見る目が変わってくると言うか、自然の中に隠されたデザインが見えてくることが多々あります。例えば、葉っぱが生えてくる間隔であるとか、自然の中に見られるバランスであるとか、そういうのはデザインの中で黄金比(この世の中で、最も美しいと考えられている比率1:1.618)などというような形でレイアウトや寸法などとして応用されています。

また、自然を見ていると見えてくるのが数学の世界で、例えば、葉っぱが集まると草になり、それらが集まったところでは木になり、木々が集まり林になり、それが更に集まり森になり、と言う感じで、自己を形成するものが全体を形成するものとなる、フラクタル、という幾何学の概念が見えてきます。

また、仏陀が言った言葉で、「色即是空、空即是色」があります。とても簡単に言ってしまうと、色は空であり、空は色である、ということになるのですが、「色」は目に見える物質であるとか現象などに例えられ、空は目に見えないものに例えられます。これで言うと、目に見えるものは、目に見えないものであり、目に見えないものは、目に見えるものである、と言うことになります。

以前、「空の色が青かったり赤かったりするのは」と言うのを書いたのですが、これも、色即是空、空即是色の言っていることのように思えてしまいます。色とは、その分子などが持つ波長が太陽の光に反射されたもので、それを○○色として認識しているのは人間の脳です。雨上がりの空に太陽の光が差し込むと、それまでは見えなかった水の分子が太陽の光を反射し、色のスペクトラムを見せてくれ、それが私達の認識で言う虹となって私達の目の前に姿を見せてくれることになりますが、でも、それは、太陽の光が照らすことによって目に見える現象として現れるのであって、太陽の光が照らさなければ、そこに水の分子はあっても、私達は見えていないことになります。

色即是空、空即是色。
この世の中に見えている現象や物は、実は実態の無いもので、その実態の無いものが目に見える現象や物質に影響を与える。

まるで、ワイヤードの世界のようです。ワイヤードの世界は仮想世界と言われます。そこには、目の前にあるような現物はなく、仮想の世界が時空を超えて存在します。そして、その時空を超えた空間の中で、人々の思いや考えが漂い、それらが時空を超えて人々の思いや考えに影響を与えます。そこに実物のものなどはなくても、現実の世界に影響を与えます。これはまさしく、色即是空、空即是色のような世界です。

また、この色即是空、空即是色の仏教にある客観性や無の観念は、数学にもつながるものがあるようで、最近ではその繋がりが研究されていたりもするようです。「(PDF
ファイル)数学と仏教の意外なつながり by 平成15 年度新潟大学理学部・大学院自然科学研究科公開講座

あと、コンピュータでデザインをしていると、コンピュータ、つまり0と1で作るものが様々な色に表現されたり、空間が表現されたりして、デザインと数学的なものが隣り合わせになっていて面白いです。また、デザインの難しさにも直面しますが、その中で自然の中に存在する色であるとか、黄金比であるとか見ていると、自然って普通にそこにあるだけなんだけど、改めて凄いなぁ~、とか、宇宙は絶妙なバランスで作られているんだなぁ~、などと考えたりして、この宇宙は物凄いデザイン力で作られていて、1ピクセルたりともずれておらず、それは、目には見えないけれども緻密な科学で織り成された、色即是空、空即是色のような世界なんだろうか・、などと思ったりもします。

米国に、リサ・ランドール博士という理論物理学者の方が居られます。ランドール博士は、5次元空間のことで一躍有名になられた方で、その仮説は大変興味深いものがあります。(私達が暮らす世界は3次元)

続きを読む "デザインと自然と幾何学・科学と仏陀とインターネットと" »

MTOS4.25で、「<mt:CommunityScript>は存在しません」というメッセージ

May 22, 2009

MTOS4.25で、Multiblogを使い、Includeでメインのブログのモジュールであるヘッダーなどを呼び出すと、「<mt:CommunityScript>は存在しません」というメッセージが表示されます。(MTOSにはコミュニティー版は含まれていません。)

チェックしていないのでわかりませんが、多分、コミュニティー版が無い商用MTでも同じメッセージが表示されるのかな~?と思います。でも、確認していないので分かりません。
【追記:商用MTでだと問題ありませんでした。】

で、早速調べの旅に出たところ、「Movable Type 備忘録」さんの、「訪問者さんのプロフィール編集を可能にする」のコメント欄に、同じメッセージが表示される方が居られたようで、それで状況がなんとなくわかりました。

Multiblogを使ってメインのブログの「ヘッダー」を呼び込む記述にしているのですが、管理画面上の右手に表示される「インクルードテンプレート」で呼び込まれているのは、グローバルテンプレートの方の同じモジュール名である「ヘッダー」で、そのヘッダーに<mt:CommunityScript>関連の記述があるらしく、それで、「<mt:CommunityScript>は存在しません」というメッセージが表示されるようでした。(ちなみに、MultiBlogを使用していないメインのブログの方で、モジュールである「ヘッダー」をIncludeしていても、こちらでは問題ないらしく、メッセージは表示されていません。)

でも、管理画面上でだけの不都合のようで、実際再構築すると問題は無く、ちゃんとメインのブログの「ヘッダー」が読み込まれており、サイトが構築されました。でも、この「<mt:CommunityScript>は存在しません」というメッセージの背景色が黄色でアラート感一杯なので、サイトの構築に問題なくても、そこに表示されていると、なんだか落ち着かないものですね。

続きを読む "MTOS4.25で、「<mt:CommunityScript>は存在しません」というメッセージ" »

弱毒性の新型インフルエンザと強毒性の鳥インフルエンザとは、どう違うのか

May 21, 2009

昨日新型インフルエンザについての記事を書きましたが、書いているうちに、強毒性の鳥インフルエンザって、どういう具合に強毒なのだろうか?という疑問が湧いてきたので、ちょっと調べてみました。

「薬作り職人のブログ」さまのブログの「強毒性を得る仕組み。」の記事に、何がどう違い、どのような症状を起こさせるのか、詳細が書かれていました。引用させていただきますと、

”弱毒性ウイルスは、呼吸器系のみに感染して症状を起こすタイプのウイルスで、比較的症状は軽いとされています。

一方、これまで鳥インフルエンザ対策において警戒されてきたのは「強毒性」というタイプのウイルスです。強毒性のウイルスでは、呼吸器系のみならず、全身の臓器にウイルスが感染し、ウイルスに対する過剰な免疫反応が起きて、重篤な症状をおこし、全身の臓器の機能が低下して死に至ることもあるとされています。”

もっと詳しいご説明をして下さっています。「薬作り職人のブログ」さまの記事をご参照ください。

と言うことで、弱毒性だと呼吸器系だけがインフルエンザウィルスに侵され、発熱、節々の痛み、咳、喉のイガイガ、鼻づまり、などの症状が私達の身体に出てくるわけですが、強毒性ともなると、呼吸器系だけでなく、全身の臓器までもがウィルスに侵され、それに伴う重篤な症状が出てくるらしいのです。

弱毒性の普通の呼吸器系だけを侵すインフルエンザだけでも症状が酷いのに、全身の臓器が侵されてしまう強毒性の鳥インフルエンザって。。一体全体どういう酷い状況になるのか、想像を絶します。。

こういう恐ろしいウィルスに感染しないためにも、やはり人混みは避け、日頃から基礎体力を維持し、身体に良い食べ物を食べ、身体の臓器が活性化するような健康状態を保つことが、基本的なことで、でも、その基本的なことこそがとても大切なことのように思えます。

もっとスイミング行かなきゃだ~。

続きを読む "弱毒性の新型インフルエンザと強毒性の鳥インフルエンザとは、どう違うのか" »

新型(H1N1)インフルエンザ その後のバンクーバー、カナダでの状況

May 20, 2009

先月の4月23日か24日頃からカナダのメディアで聞き始めた「豚インフルエンザ(Swine Flu)」も、今では「新型インフルエンザ(H1N1型)」と言う呼び名に変わりましたが、あれから3週間以上が経ち、今ではここBC州においてはすっかり静かになった感があります。

うがい、手洗い慣行のメッセージは今も流れていますが、以前ほどではありません。あれから巷における変化と言えば、公共の場には、手洗いの正しい仕方をイラストしたポスターが貼られていたり、食料品売り場などで、消毒液が用意され、簡単に手を消毒できるものが設置されました。

今、カナダ全体ではWHOの5月19日時点のデータによると、新型インフルへの感染者は496人で、亡くなられた方は1人(この女性は元々持病があった方)です。新型インフルエンザの発祥場所となったメキシコでは感染者は今3648人で、亡くなられた方は内72人、米国では、メキシコの感染者数以上の5123人の人が感染し、亡くなられた方は5人となっています。

片や、日本では4月中旬あたりにBC州から帰国した高校生が新型インフルに感染したかしていないかで検査が行われ、舛添さんも真夜中に緊急報道を行うなどして緊張感一杯、水際作戦として、飛行機で北米からの便で日本に入国する人々に対して慎重なチェックが行われていましたが、ゴールデンウィーク後、いつの間にかあっと言う間に感染が広まっていたようで、今日の時点で感染者数は238人です。

このH1N1という型は、弱毒性なので人々に移りやすいそうなのですが、人々に移るうちに、突然変異が起こり、H5N1型の強毒性鳥インフルエンザ、になる日が大変怖いです。ですが、怖いと言っても何もしなければ更に怖いわけで、怖いものが遅かれ早かれ来るのであれば、それに対して対策をしておけば心の余裕が生まれます。ひとまず今回の弱毒性インフルエンザは予行演習だと思って、私の場合はマスクを購入し、備蓄も少しずつしています。

このH5N1タイプの鳥インフルエンザが発生したら、どうなるか、どう予防するか、何を準備しておけば良いのか(備蓄リスト)、が分かるサイトがあります。「H5N1型ウイルス襲来!!  鳥インフルエンザに感染しないために新型インフルエンザから身を守るために気をつけておきたいこと」です。レタスクラブが出しているサイトのようです。

いざパニックが起こってからでは遅く、対策が間に合わない状況になってしまう可能性が高いです。今回、今日本ではマスクの品切れが出てきており、工場はマスクの生産稼働率を上げているそうですが、需要に追いつかないようです。しかも、今回のは弱毒性だからまだ良いものの、H5N1などの強毒性鳥インフルエンザが発生した場合は、色々な物、事、移動が制限され、対策を立てたくても立てられない、必要品を購入したくても購入出来ない状況に否が応でも置かれてしまいます。ですので、弱毒性のインフルエンザの今から少しずつ、準備と対策を行っておくと、後々そのような状況に身を置いたとしても、心に余裕を持って対応できるのではないかと思います。

続きを読む "新型(H1N1)インフルエンザ その後のバンクーバー、カナダでの状況" »

Comunica Templatesの色が青かった為デザインを修正

May 17, 2009

デザイン、特に色に関しては難しい」で書きましたが、Comunica Templatesの色がWindowsのデフォルトセッティングの色で見た際に、とても血色が悪く、非常に居心地が悪い色味になってしまっていた為、色味とデザインを若干修正しました。

comunica_templates2.png

Macで見ると、どうしても黄色が若干強く出てしまいますが、それでもやはり、OS Statisticsにあるように、市場で使用されているOSの多くがWindowsだということを踏まえると、Windowsに合わせた色合いを考慮しないことには始まらないかなと、今更ながらに思います。もうこのMacとWinの色の違いで悩むのは今に始まったわけでなく、以前から悩んでいたのですが。。

私自身、メインで使っているマシンはWindowsです。一応Macもブラウザチェックと色チェックの為に使っています。以前メインのWindowsでデザインをしていた時に、どうしてもMacで見ると色が薄く(白っぽく)なってしまったり、黄色がかったような色味になってしまった為、自分でWindowsのAdobeガンマを補正し、Macで見た時と同じような色合いを再現できるMyオリジナル・カラー・プロファイルを作り、それを使用していたのです。

そのMacカラーに似せた、Myオリジナル・カラー・プロファイルで以ってデザインをしていたのですが、どうしてもベージュ色の薄いグレーがかった色味系の出力は、WinとMacでは相容れないものがあるようです。

少し調べたところ、WindowsとMacの採るガンマ値の違いが、上記のような色の違いをもたらすようです。なんでも、MacはWYSIWYGを当初より念頭に置いているため、中間調が明るくなるように補正してあるのだそうです。(「MacとWinの色の違いを補正する」より。)Windowsは補正していないので、Macでデザインしたものは、Windowsでは暗く見えるのは、もうしょうがないようです。そう、しょうがないのですね。