Page Top

ふわふわロールケーキ

January 07, 2013

昨年胃痛になってからというもの、食べたいスイーツは、自分でベイクしたものを食べるようにしています。最近私が好んで作っていたのは、ポーランドの美味しいクッキーKolaczki(発音はコワチュキです。私はこのローズジャムの入ったバターとクリームチーズ入りのクッキーがとっても大好きです!Kolaczkiクッキーについては、また別エントリーしたいと思います。)と、夫が好きなスポンジのロールケーキです。

随分昔にロールケーキを一度作った事があったのですが見事失敗し、スポンジが硬くて全然巻けませんで、敢えて普通のケーキと化しましたが、今回うまく出来るレシピをクックパッドさんで見つけることができました。その名も、「☆ふわふわ簡単☆ロールケーキ☆ 」by ☆マチャミン☆さんのレシピです。この簡単な材料と手順で、私でもうまくロールケーキが作れました!(私の場合、砂糖の量は、マミチャンさんのものよりも40g減らして作りました。)

20130104_rollcake.jpg

上記のレシピでこれまで三度作ったのですが、一度目はハンドミキサーが無かったので、手動でかなり頑張って生地を作りました。薄力粉もきちんと生地に混ぜ合わせましたが、焼き上がりは、手動で気泡が大きかったのか、かなり分厚いスポンジになりました。それでもしっかり巻けましたので良かったです。2度目はハンドミキサーを買ってきて作ったところ、気泡がかなり細かく出来たようで、焼き上がりのスポンジは、お店で販売されているようなキメの細かい生地に焼き上がり、これはもうかなりのフワフワで、とても美味しいロールケーキが出来ました(上の写真は2度目のものです)。3度目は薄力粉の混ぜ方が足らなかったようでダマが出来てしまい、ちょっと失敗。でもちゃんと巻けて、味も美味しいロールケーキが出来たので良かったです。

これまでロールケーキは難しいと思っていましたが、この「☆ふわふわ簡単☆ロールケーキ☆ 」by ☆マチャミン☆さんのレシピで簡単に作れるようになれて良かったです。クックパッドさんには、ほんとにお世話になっている私です。

自前カフェラテ

January 06, 2013

先日元旦の日に外出した先で、かなり久しぶりにスターバックスへ入り、カフェラテを頼みました。久しぶりに飲んだカフェラテはとても美味しかったです。自宅に戻り、カフェラテってどうやって作っているのだろう?と疑問に思ったので、グーグルサーチしてみたところ、私の中では大変重宝しているクックパッドさんのサイト上で「おうちカフェ☆カフェラテ」を見つけました。

私はカフェラテってもっと複雑に作られてるのかな~?と思っていたのですが、意外とシンプルで、これならミルクコーヒーのミルクを泡立てるだけで良いのか~!とわかり、今日自分で作ってみました。The 自前カフェラテです。簡単に作ることが出来ました!「おうちカフェ☆カフェラテ」のマギちゃんさんに感謝です☆

20130106_cafelate.jpg

2013年 初日の出

January 02, 2013

明けましておめでとう御座います。今年は巳年ですね。今年も継続事項を続行し、何事も健康第一で、バランスを取りながら日々の生活を継続していきたいと思っています。

さて、クリスマス時期に雪がどっさり降った割には、その後はシトシト雨が継続する例年よりは暖かな(?寒いのですが雪が降るほどではないようです)大晦日でしたが、元旦の日に晴天との天気予報でしたので、8時6分に昇り始める2013年の初日の出を見に行こう!と張り切って5時起きしたのですが(私は朝の始まりはエクササイズをし、ウォーミングアップを図っていますので時間がかかります)、元旦の朝、霧が大変濃く、車での移動がとても恐ろしかったので、目的地へ行く途中でしたが「もう引き返そう!行くの止めよう!危険すぎるー!」と何度も縋った私でしたが、夫に連れられるままサイプレスマウンテンまで初日の出を見に行きました。

バンクーバー市の途中のハイウェイまではずっと霧が濃かったのですが、セカンドナロウズブリッジ(Ironworkers Memorial Bridge)の辺りから霧が晴れ始め、ノースバンクーバーのとても綺麗な雪山の景色が見え始めました。後ろを振り返ると、次第に昇り始める太陽の光に照らされたサーモン色に光る雲と薄暗い青空、そして、濃い霧に覆われた市街地が視界に入ります。なんと幻想的で美しいのでしょうか!それまでは、こんなに霧が濃くては初日の出も見えないし、何しろ数メートル先が見えず運転が怖いので帰宅した方が良い!と何度も懇願していた私でしたが、突如として晴れた霧に俄然初日の出モードに変わってしまいました。今年は前回よりももっと綺麗な初日の出の写真が撮れそうだとワクワクしてきました。夫には何度も「ありがとう~!」と感謝しました。その度に「早く家に帰ろう~~~。」と言われてしまう私でしたが、にゃはは、と笑って気分はすっかり晴れた霧のように美しい初日の出への思いでした。

サイプレスマウンテンのView Pointに着くと、いつもながら三脚を持ったカメラマンの日本人や韓国人、カナダ人やヨーロッパ人が既に良い場所を確保していました。みなさん早くから来ているのでしょう。私も空いている場所に立ち(夫は人だかりの方へ)、撮影に集中しました。それにしても霧が晴れた山頂から見るまだ霧の晴れていない下界の景色は美しいです。霧の雲海が、昇り始める太陽の光でサーモン色に染まります。

20130101_sunrise.jpg

次に、こんなに綺麗な幻想的な景色が広がっているグレーターバンクーバーであるので、クイーンエリザベスパークに行き、これまで居た雪山の景色を眺めることにしました。ここからの景色もとても美しく、晴れた霧のお陰で空気が澄み切っており、雪山がとても綺麗に見えました。

20130101_snowmt.jpg

元旦2日目の今日も朝から晴天との天気予報でしたので、今日も美しい雪山の景色を見ることが出来るのではないかと期待をし、5時半起きをして心待ちにしていたのですが、ここぞという時間帯に太陽がうっすらと薄雲にかかってしまい、今日は綺麗なサーモン色をした雪山を撮る事は出来ませんでしたが、それでも綺麗な朝日に照らされた雪山を見る事が出来ました。

20130102_sunrisemt.jpg

2013年も健康第一で精進していきたいと思います。

美しい虹-2012年12月4日

January 02, 2013

これは昨年の写真になりますが、人生で初めて息を飲むほど、言葉にならないほど、この世のものとは思えないほど、大きく美しい光の祭典を見せてもらいました。

この虹が出る前は、雲は厚く辺りも暗く、雨が沢山降っていました。あー雨がやっと止んだんだなと思い仕事をしていると、左目の端の方で光る木々が見えました。この状態(雨、雲、太陽の差す角度)が揃う時は、必ず虹が見える場所なので(過去に何度も見ています)、もしかして!と思い外を覗き込んでみると、なんと大きく素晴らしい虹が出ているではありませんか!この世のものとは思えません。背後に居る夫に声を掛けようと声を発するのですが、あまりにも虹が美しすぎて声がうわずってしまい・・、声にならないとはこういうことかと実感していると、そんな私に気付いた夫も素晴らしい虹の景色にしばらく見とれ、すかさずカメラを取り出しました。私も美しさに呆然としながらも、カメラ、カメラ!と、虹が消える前に沢山写真を撮りました。2012年の11月と12月は、この虹が見れる条件が整いやすい気候状態だったのか、3度も綺麗な虹を見る事が出来ました。自然からの思わぬプレゼントに心が弾むのでした。(以下の縮小画像で見ると感動は小さいですが、実物はとても大きなもので壮大でした。)

20121204_rainbow.jpg

Under the Bridge

November 21, 2012

今巷で人気?のUnder the Bridgeの方ですが、大丈夫なのでしょうか?危険な香りがしますー。Stone Fieldさんと一緒というのもいぶかしです。ご自分で暴走老人と言っていましたが、それも第2次世界大戦の頃に暴走した軍部を彷彿とさせるようなコメントです。そんな感じを受けてしまいます。直接的ではありませんが、昔のドイツやロシアのマンジやスタローンが出された頃もこんな時代背景だったのかな~と思わされます。まぁでも、市場はアベさんの発言の影響が大きいようなので、やはりそちらの方向に行くのかな?とあまり心配しなくても良いのかもしれません。でも、やっぱりこのお二方ちょっと怖いです。。