Page Top

悲しいというか何というか

January 31, 2015

やっぱりこうなってしまったんだなということになってしまって、ほんとに悲しいです。駄目なのではと思う中にも淡い希望も持ちつつ、期限が過ぎても何も報道されない様にどうなってしまったのだろうと思っていたら、やはりこういう結果になっていたのですね。屈しないとか守るとか言っても、言葉だけとか穿って思ってしまいますよね。相手が相手なので関わりあわないようにするのが一番でしたが、国のリーダー自ら飛び込んで行ってしまいましたよね。それでこんな結果になってしまって屈しないとか守るとか言われても守ってくれるとは到底思えないですよね。脱力感で一杯です。

新しい仲間ーSansevieria

January 28, 2015

昨日、思い立ったが吉日、WallmartにSansevieriaを買いに行ってきました。新しい仲間が増えました。以前から、この植物は空気を清浄してくれて、マイナスイオンと酸素を沢山放出してくれる植物だとネットで読んでいたので、興味を持っていました。シルエットもエレガントで素適ですし、エキゾチックな雰囲気が良いです。
20150128_sansevieria.jpg

先日、胡蝶蘭用のバークを買いに行ったガーデニングショップでサンセベリアを見かけていましたが、高かったので購入しませんでした。でも、帰宅して、ネットでサーチしていたらWallmartで安くサンセベリアが販売されているのを知り(今On Sale)、10インチサイズの腰まで背丈がある大きなサンセベリアが10ドルで購入できました。でも大きいサイズの素焼きポットとソーサーを合わせたお値段の方が倍高いという。。でも、プラスチックの入れ物だとジメジメになるし、人間の身体にも良くないので、素焼きポットにしました。

サンセベリアは根茎が地中にあって、葉だけが地上に出てくるという面白い植物のようで、水遣りを控えめにしないと根腐れしてすぐに枯れてしまうようなので、気をつけようと思います。そういう点は、胡蝶蘭と似ていますね。あと、地中で横に伸びる根茎から葉がニョキッと出てくるようなので、それを植替えして増やす事が出来るようです。育成に慣れたらチャレンジしてみたいと思います。

無事に

January 23, 2015

早く無事に帰ってこれるように心から願っています。

胡蝶蘭のメディウムを苔からバークに変えました

January 22, 2015

昨年夫の友人から頂いた胡蝶蘭の花が終わり、長いこそそのままで育てていたら、苔で育てるのに慣れない私なのでやはり葉を黄色くしてしまい、今日植替えを行いました。
20150122_orchid_media.jpg

空けてみてびっくり。中の根はまるで藁のように乾いているものが殆どでした。手持ちの3.5号の素焼き鉢にバークと胡蝶蘭の根をうまいこと入れていき、と言っても殆ど胡蝶蘭の根で埋まってしまいますが、最後に鉢の内側に水吹きでシュッシュして、透明なラッピングプラスチックを巻いてそれにもスプレーして終わり。

これからまた新しい胡蝶蘭生活が始まります。今、手持ち胡蝶蘭は5鉢になりました。今日ガーデニングショップで痛んだ胡蝶蘭が50%オフで売られていて欲しくなったのですが、ぐっと我慢しました。今、白とピンクの胡蝶蘭2鉢から花芽がちょろちょろ伸びてきて、蕾を付けてくれているので楽しみです。

続きを読む "胡蝶蘭のメディウムを苔からバークに変えました" »

計画を立てました

January 19, 2015

普段アイデアが浮かぶと直ぐにTo do listに書き出し、それに優先順位をつけて、大体この程度までの形には仕上げたい、という大まかな目標みたいなものを持って仕事にあたっていました。ですが、このやり方では全然終わりが見えないEndless作業。そのうちあまりの膨大な作業量と終わりの見えないTo do listに囲まれ、日々をひたすら0→1と何かをモクモクと作り出すことに専念し過ごしていると、疲労感で情熱までもが削がれ、終わらない自分を追い詰めるやり方に、とうとう自分自身に負けそうになってしまうという悪循環。今年はこの悪循環を一掃し、改めて「計画」というものを立てて、メリハリを付けて取り組んでみたいと思いました。

そこで、世間一般の人はどうやって「計画」というものを立てて実践しているのだろう?と思ったので調べてみました。良いな、と思ったのが、「U-NOTE」にあった「仕事全体の流れを把握することから始める!仕事の「計画」を立てることが苦手な人が実践すべきコト」です。記述されている内容は、大体自分でもわかっていたようなことですが、改めて客観的に指摘してもらえると、「あ、そうなのか。」とすんなり実践する気になりました。

ということで、U-NOTEに記載されていたような感じで計画を簡単に立てて見ました。
まず、書き溜めていたTo do listを、「今回仕上げたい分」と「後で仕上げる分」とに振分けて、改めて今回するべき作業を書き出してみて、それにどれだけの時間が掛かりそうなのかを予測し、またその中から改めて必要なものだけをリストに残し、後に回せるものは後でするリストに振分け、そしてまた時間を予測、という風にフィルターを通してみました。すると、これまで雑然と曖昧にしか見えていなかった膨大で終わらないように思えていたものが、次第にクリアに、これだけの「作業量」というものに、どれくらいの「時間」が掛かりそうなのかが見えてきました。

フィルターに掛けたTo do list。
20150120_todolist_01.jpg

雑然と浮かぶままに書き連ねていたアイデアノート。
20150120_todolist_02.jpg

当初、自分としては、とりあえず6ヶ月間で形をまとめたいと思っていましたが、その後のもろもろを入れると、もう少しかかりそうです。今回は、この見える化作業のお陰で、少し気分が楽になりました。もうこれまで何度も心が折れそうになっては自分で自分を励まして、なんとか諦めずに頑張ってきました。自分で自分を追い詰めている割に、自分自身を信じられなくなったり、もう駄目だと落ち込む事も何度もありましたし(周りからもそう思われていると思いますし・)、今も心は揺れ動きつつ、どうしてここまで保障のないものに日々邁進しているのか自分でも良くわかりませんが、好きだというのは大きな要因だと思います。それと、未来にこのテーマを使って喜んでもらえる人や企業様がいるのではないかという確約の無い期待。そして、この辛い作業の後には、時間を忘却して取り組む事ができるデザインにもっと時間を割いて、今は時間がなくて出来ないその他のクリエイティブな事にも色々取り組んでみたいという希望があります。とにかくは、このTo do listを終わらせるように最後まで頑張ろうと思います。